2007年06月01日

ジャコアンドワールド移転のお知らせ

拝啓
 初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、このたび、(株)ジャコアンドワールド東京本社は、2007年6月4日(月)より、下記に移転することになりました。何卒倍旧のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
敬具

 2007年5月末日
株式会社 ジャコアンドワールド
代表取締役 大木 信一


名 称 株式会社ジャコアンドワールド 東京本社
(国土交通大臣登録旅行業第1515号 日本旅行業協会会員)
新住所 〒171-0014
    東京都豊島区池袋2丁目13-2 金子園ビル5階
    (JR池袋駅 西口C5出口より 徒歩1分)

 予 約 03-5911-1163
 韓国語 03-5911-1164
 FAX 03-5911-1168
 営業部 03-5911-1169
総務・経理03-5911-1190

営業開始 2007年6月4日(月)より
営業時間 9時〜18時 (月〜金)

※6月1日(金) 18:00までは、従来の住所、番号にて営業いたします。
以上


posted by gracetour at 14:54| Comment(52) | TrackBack(7) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

記事「旅行会社が企画『きみ愛』大作戦♪ 自殺者3万人の日本に伝えたい」

旅行会社が企画『きみ愛』大作戦♪ --自殺者3万人の日本に伝えたい--
 

 06年まで8年連続自殺者3万人以上を記録した日本。韓国旅行ツアーなどを企画している旅行会社「(株)ジャコアンドワールド」では昨年、そんな病める現代社会に安らぎと希望を届けるための各種イベント、セミナー、旅行商品を提供する「ほっと企画」部門を設け、その一環として「『きみ愛』大作戦♪」を展開している。
 「『きみ愛』大作戦♪」は、人間の存在価値を尊び、傷ついた人たちに届く歌として注目されている韓国ゴスペル「きみは愛されるため生まれた」(イ・ミンソプ作詞・作曲)のメッセージをあらゆる人々に広めようというもの。CD「きみは愛されるため生まれた ALL FOR YOU」を制作・販売しているライフミュージック(いのちのことば社/ライフ企画)と協力し、「きみは愛されるため生まれた」の曲をバックに写真家・林陽平さんが提供する家族のイメージ写真を使った動画(デジタル写真館)をネット上で見ることができ、CDも購入することができる。
 また、「きみは愛されるため生まれた」をテーマにした出産・子育てセミナーやツアーなども今後、企画していく予定だ。

 「ほっと企画ブログ」のアドレスhttp://hot-planning.seesaa.net/

クリスチャン新聞2007年3月4日号
posted by gracetour at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ヒルソング・カンファレンス・ツアー2007

今年も行われます!
 
 

☆Hillsong Conference 2007 Tour☆

★2007/07/01〜07★

詳細はこちら>>Grace Tour
 


今もなお世界中のクリスチャンミュージックに絶大な影響を与え、情熱と勢いをもつ美しい賛美を供給し続けるオーストラリア、ヒルソングチャーチ。今年のカンファレンスも、設立者のボビー&ブライアン・ヒューストン夫妻、ダーリン・チェック師によるワーシップだけでなく、今もっとも世界で大きなインパクトを与える数人のワーシップリーダーやメッセンジャー達がゲストとして参加します!
 
去年のカンファレンスは特に20周年ということもあり、リック・ウォレン師やラインハルト・ボンケ師による力強いメッセージも語られ、 ツアーリーダーのジョシュア佐佐木師をリーダーにとても充実したツアーとなりました。
 
グレイスツアーでは、今年もこのヒルソングカンファレンスに全日程参加するツアーを企画いたしました。
皆様、こぞってご参加ください〜〜〜☆
 

j-worship プロデューサー ジョシュア佐佐木師と行く
ヒルソング・カンファレンスツアー2007

オーストラリア・シドニー 7日間
2007年7月1日(日)発〜7月7日(土)着

詳細はこちら>>Grace Tour

旅行代金
成田発着 ¥235,000 (関空発は¥25,000増)
   
募集締切2007年5月18日・最少催行人員 30名 
協力いのちのことば社/ライフ企画
ゴスペル音楽院 ・GMA Japan (日本ゴスペル音楽協会) 
   
旅行企画/実施(株)ジャコアンドワールド・Grace Tour 

  
■ツアー参加者への特典! 
ジョシュア佐佐木師プロデュースJ_worship4.jpg
 CD「j-worship vol.4」をプレゼント

■近日発売予定 CD 2,310円(予価)
■製作/リビングプレイズ
■販売元/ライフミュージック (いのちのことば社/ライフ企画) 
※制作・発売元の事情により、他の商品になる場合もございます。
 
 
 
posted by しんたろう at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ついに再来日!!ブルックリン・タバナクル・シンガーズ

先日に日本に再上陸した

ブルックリン・タバナクル・シンガーズ!
 
いよいよ本日は、初回の神戸公演が封切られます。

 

今回もきっと素晴らしい歌声と舞台を提供してくれることでしょう。彼らは数え切れないほどの名曲を生み出し、グラミー賞も6度受賞しています。
 
彼らの素晴らしいところは、受賞歴があるとはいえ、メンバーの大半は音楽的な素養を特に持っている人はむしろ少なくオーディションは簡単は聴力テストだけだということ。しっかりとふるいにかけられるのは牧師であるジム師や、クワイアディレクターのキャロル師との面接において。例え有名なシンガーや音楽教育の素養を持つ人であっても、自分を目立たせる動機が少しでも感じられたら、入団は難しいようです。
 
では何を問われるか? 
 
何よりも、信仰の姿勢とキリストへの改心ぶりを徹底的に問われるということです。例え、薬物中毒や家庭崩壊、路上生活経験者であろうが、救い主キリストと出会い、彼による新しい命を生きているか。本当に彼と深く出会っているか。生まれ変わらせてくれたキリストだけに賛美を捧げる気持ちがあるかどうか、が問われるのです。
 
その彼らが、人種や文化背景、あらゆる違いを乗り越えて、その救い主への愛と献身を共有していること。そこだけに一致を発揮するからこそ、彼らの歌声は、主に喜ばれ、主によって全世界に運ばれているのでしょうか。
 
有名な【Make Us One】という曲をご紹介します。
 
Make Us One

Make us one. Lord
Make us one, Holy Spirit
Make us one

Let Your love flow
So that world will know
We are one in You

Make us one. Lord
Make us one, Holy Spirit
Make us one

Let Your love flow
So that world will know
We are one in You

※Report 
Let Your love flow
So that world will know
We are one in You

We are One in You


アフリカ系だけでなく、ヒスパニック系、アジア系に白人の顔立ちも見られ、まさに人種や文化背景を乗り越えて一致した賛美を捧げるブルックリン・タバナクル・クワイア。その一部メンバー達によるライブです!!

まだまだチケットは取り揃えております!どしどしご応募くださいませ♪
 

■ブルックリン・タバナクル・シンガーズ
   〜I'm Amazed Live...〜
 

●<神戸>
 日時:2007.2.23・24(金・土)
   
23日(金)開場 18:00  / 開演 19:00
    24日(土)開場 17:00  / 開演 18:00
 場所:
神戸国際会館こくさいホール

078-231-8161(代表)
チケット:
 前売り
指定席券
当日券
S席¥3500¥4000
A席¥3000¥3500
B席¥2500¥3000
C席¥2000¥2500
お問合せ先:06-6360-0670 又は 06-6365-7932
(主イエス・キリスト教会:火曜日〜土曜日)


 ●<名古屋>
 日時:2007.2.26(月)
  
  開場 17:00 / 開演 18:00
 場所:愛知厚生年金会館 TEL 052-761-4181
 チケット:前売券:\3500
        当日券:\4000
        全席自由
 お問合せ先:有限会社 兼松企画 TEL 0574-28-4000 (平日13:00〜17:00)


●<東京>
日時:2007.2.28・3/1(水・木)
両日とも 開場 18:00/ 開演 19:00
場所:川口リリアTEl 048-258-2000
お問合せ先:
新宿シャローム教会 03-3371-7558(火曜〜土曜)
 チケット:
前売り:\3000
 当日:\3500
  全席自由
※東京会場の前売りチケット弊社でも販売中!
※前売り券料金と別途送料がかかります。
(関東近圏の場合で¥500かかります。詳細はお問い合わせください)

グレイスツアー
TEL:03-3371-4215
アドレス:
grace@jakotour.co.jp
 
 
お申し込みの際は、
※ゴスペルチケット東京会場お問い合わせ
とお伝えください。
その際には、お客様の氏名・住所・電話番号・メールアドレス(省略可)
をお申し込み枚数と共にお知らせくださいませ。
よろしくお願い申し上げます。

posted by しんたろう at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

神様にできないこと…

『きみは愛されるために生まれた』・・・
 
このブログを訪ねてくださる方には、もはやお馴染みかもしれませんね。
 
この歌はもはやキリスト教会の中だけにとどまらず、教育や天気予報の画面のBGM等など・・・あらゆるメディアの中で広められている韓国発のゴスペルソングです。
 
この歌がCD化されて数年前から販売されており、(詳しくはこちら)流通していくきっかけになったちょっとした秘話を御存知ですか?ある小学校の先生が生徒が歌っていたのを聞いたのが始まりだそうです。
 
2006年1月15日号のクリスチャン新聞(いのちのことば社 ジャーナル出版事業部)の記事を以下に一部抜粋します。
 
『きみ愛』の作者イ・ミンソプさんが来日されて長崎でコンサートが催された時に。 
 
【長崎から希望の歌声を!『きみは愛されるために生まれた』 感謝コンサート】
****************************

「きみは愛されるため生まれた」が長崎県内の公立学校に広がるきっかけは、同教会の教会学校に通う山口菜摘ちゃん(当時小学3年生)がこの歌を学校で口ずさむのを、当時担任のY先生が「いい歌だね。CDはないの?」と聞き返したことからだった。そのY先生も駆けつけ、イさんに感謝の言葉を述べた。
 「もし、イさんがこの曲を作らなかったらこの曲と出合えなかったし、僕も子どもたちに伝えることはなかった。また、こんなに多くの人に広まることもなかった。イさんは私にとって原点の人。本当に会えて良かった。これからも教師である限り、この歌を子どもたちに伝えていきます」。Y先生はこの歌をきっかけに今、教会に通い始めている。

****************************
 
この先生の熱意が教育委員会を動かし、教会を動かし、愛の歌声を響かせることになったのです。その流れは、水が増えてあたり一面を覆うように、いまや日本中に向かって流れ出しています。いや、海外の日本人教会でも現地語に訳されて歌われているという話も聞きます。
 
作者のイ・ミンソプさんは言います。
 
…この歌を作った、97年当時、私は口では神様を愛し、愛されていると歌っていましたが、頭でだけでした。私の心は疲れ、なぜ私を造りこの世に送られたのかと…神様に叫びました。
 
…すると神様は
 
『私があなたを愛する理由は、何か仕事をさせるためではなく、私があなたを愛しているから。私自らがあなたを愛しているからなのだ。

私がこの世で、できないことが一つだけある。

それはあなたを愛することをあきらめる事。

私があなたを愛する理由は、あなたにあるのではなく、私が神だから…。それだけなのだよ…』
 
と言われたそうです。
 
そうです。神様がたった一つできないこと…
 
それは私達、全ての罪びとを愛することをやめること。
 
この決して絶えない主の愛が世界を覆っているのです。感謝。
 
posted by しんたろう at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

BTS ライブ前売りチケット

以前にご案内しました、ブルックリン・タバナクル・シンガーズ(BTS)のゴスペルライブですが、東京会場/川口リリアに限って前売りチケットを販売できることになりました〜〜〜〜!
 
前回の来日の際には、早くも一ヶ月前にはソールドアウト!当日も満席状態になりました。Brooklyn Tabernacle UP.jpg
今回も早めにチケットを購入される事をおすすめいたします。本当に素晴らしいライブになるでしょう!僕自身は早くも胸が躍り、頭の中には彼らの歌声が響く思いです。♪I'm  amazed〜〜〜♪
 
詳細はこちらまで
グレイスツアー⇒http://grace.jakotour.co.jp/christian_info10.htm
 
当旅行ブランド・グレイスツアーにて以下の通りに販売いたします。
 

●<東京>※前売りチケット弊社にて、販売中!
 日時:2007.2.28・3/1(水・木)
    両日とも 開場 18:00  / 開演 19:00
 場所:
川口リリア 
 お問い合わせ:TEl 048-258-2000
 チケット:前売り:\3000

        当日:\3500
        全席自由
 
お問合せ先/グレイスツアー
   TEL:03-3371-4215
   アドレス:
grace@jakotour.co.jp

お申し込みの際は、お客様の氏名・住所・電話番号
をお申し込み枚数と共にお知らせくださいませ。
 
NY Gospel Tour logo.jpgまた、このブルックリン・タバナクル教会を訪問する旅程を含む、魅力満載のツアーが5/31出発〜6/5戻りの日程で好評販売中です。まだまだ募集しております☆
是非、ご友人をお誘いあわせの上でご参加くださいませ〜〜〜〜!
 
NYゴスペルツアー
http://grace.jakotour.co.jp/2007GOSPEL.htm
 
 

posted by しんたろう at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

映画『The Gospel』

singing david.jpg約15年ほど前からでしょうか・・・。

ジャズやブルース、ソウルにフュージョン、R&Bやラップ等など…それら全ての音楽ルーツとしてのゴスペルミュージックが、ブームとなって日本にも上陸しました。それらは映画『天使にラブソングを』のシリーズや、『ブルース・ブラザーズ』シリーズ、またミュージカル『Mama, I want to sing』等の影響もあり約10年前からは、それらを歌うゴスペルクワイアが日本全国にも少しずつ誕生してきました。

pastor_donny_at_ rev.hunter.jpg
そして、そのクワイアで、歌詞の中に生きる十字架の愛、リズムに流れるキリストの命に触れ、聖書と出会い、主によって人生を変えられた人々もだんだんと多くなってきました。その中には、もはやゴスペルを通してキリストを伝えていくことを自分のライフワークとして生きているものも少なくありません。

 
 
教会の関わるクワイアに行けば、そんな似た体験を持つゴスペル仲間達がたくさんいて、それらの中には、神学校の門をたたき牧師になる者、さらにクワイアを立ち上げるもの、演奏者を育てているものもいます。今の時代にダイレクトに働きかけていく、新たな世代の働き人が多く生まれてきました。 flag dance.jpg
 
ゴスペルブームは、今では全国に無数にあるゴスペルクワイアの誕生をみるまでになり、キリスト教会には欠かせない、成熟した勢いと情熱をもって宣教する伝道手段になりつつあります。
 
そんなゴスペル世代のクリスチャン達の中には、かつては意味も分からずに、映画の賛美シーンばかりを巻き戻しして、繰り返して見た体験や、テレビの前で興奮して手拍子した経験を持つ人もたくさんいるようです。
 

映像は強く印象を与え、魂を揺さぶる感動と共に人々を主のもとに導くのです。
DVD_jacket.jpg

ぜひこの作品をご覧ください!素晴らしい内容です。

作品紹介のサイト画面は…

⇒こちら:http://grace.jakotour.co.jp/christian_info11.htm 
 

posted by しんたろう at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

♪ゴスペルワークショップのお知らせ♪

現在、九州・大分に拠点を置いて活動されておられる、ゴスペルシンガー藤波 慎也 氏が上京します。急遽、彼のゴスペルワークショップが開催されることが決定いたしました。
 <藤波 慎也 氏については、こちら> 
<⇒http://www.trueworshippers.jp/shinya/
 
ご都合のつくみなさ〜ん!

この機会に日本のゴスペルシンガーのビッグネームによるワークショップ、また共演をお楽しみください!一緒に楽しみましょう〜〜〜!
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■お知らせ@■
江古田のJesus Soul Choirで、
藤波慎也さんのワークショップが開催されることが急遽決定しました。お誘いあわせのうえ、ぜひおいでくださいね。詳細は下記の通りです。

★藤波慎也ワークショップ★
【日時】 1月18日(木曜)19:30-21:30
【参加費】1000円
【場所】 練馬グレースチャペル2F礼拝堂
 練馬区栄町10-2 Tel:03-3991-4940
 西武池袋線「江古田駅」から徒歩5分、または
 都営大江戸線「新江古田駅」から徒歩10分
 武蔵大学正門向い。地図は下記HPにあり)
 http://www.grace-net.or.jp/ngc


■お知らせA■
そして、そして〜WSが急遽18日の練馬グレイスチャペルに引き続き実に不思議な導きにより、20日(土)に池袋・中央福音教会でも実施する事になりました!!
もちろん練馬グレイスの内容とは違ったWSになるので、木曜日に参加する人も続けて参加して下さい。

☆藤波慎也ゴスペルWS at 池袋
 1/20(土) 13:30〜15:30 中央福音教会
 豊島区東池袋3-15-9 TEL03-3971-4774 
 http://homepage2.nifty.com/gospel_center/Top.html
参加費 ¥1000

■お知らせB■
&日記でもお知らせしましたけど、来る日曜日1/21(日)のゴスペルナイトに藤波さんのサプライズ賛美が急遽決定しました!

こちらも是非来てください!

************************************
■新宿シャロームpresents■
■■■GOSPEL NIGHT■■■
賛美を中心とした集会GOSPEL NIGHTが開催します。
あたたかくて、心地よい賛美いっぱい、ゲスト賛美満載、楽しくて熱〜い夜になるでしょう!
新宿シャロームに遊びに来て〜会いに来て〜愛に来て〜、待ってるよ!

●日時 2007年1月21日(日) 18:30〜
●場所 新宿シャローム教会
東京都新宿区西新宿7-9-7 ニッカビルB1
TEL:03-3363-6493
●ゲスト賛美 塩谷達也
サプライズ賛美 藤波慎也
●メッセージ 富田慎悟 牧師
●席上自由献金有り (強制ではありません。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

みんなでヒップでホップな、ゴスペルサウンドを思いっきり楽しみましょう〜〜!

posted by しんたろう at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴスペル・チャリティーライブ

みなさん、大変に遅ればせながら明けましておめでとうございます。
昨年は数あるブログの中から、当グレイスツアーブログを読んで頂き、深く感謝申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
今年の年頭に、私には祈りの中でひとつのチャレンジが与えられました。
それは一言で言うと【チャリティー】への参加♪神様からの新しいチャレンジですね。とっても楽しみです〜☆
 
『あなたがたは信仰、言葉、あらゆる熱心、わたしたちから受ける愛など、すべての点で豊かなのですから、この慈善の業においても豊かなものとなりなさい。』
『・・・あなた方は、このことを去年から他に先がけて実行したばかりではなく、実行したいと願ってもいました。だから今それをやり遂げなさい。進んで実行しようと思ったとおりに、自分が持っているものでやり遂げることです。』
<新共同訳聖書・第二コリント8:7、10〜11>
 
でも、神様によらずに私達の持っているものはすぐに尽きてしまいます。 働きを継続していくためには、ますます神様の満ち溢れる喜びと豊かさに与る必要があるのですね〜!
 
そこで、ゴスペルのコンサートとチャリティーを結んだイベントを御紹介します。とあるゴスペルクワイアで歌っているものとして、ライブの後に溢れるたくさんの人たちの喜び、神様の満ち溢れる愛の空間はよく体験しています♪。
 
みんなで楽しんで、そしてその楽しさを喜びを多くと分かち合いたいな〜と思いました!
 
よろしくお願いします♪
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★チャリティコンサート パラサイヨゴスペル2007☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ttp://www.parasaiyo.jp/paragospel2007/ 

■日時 2007年2月24日(土)
 開場16:30  開演17:00(19:00頃終了予定)
■場所 財団法人 日本青年館地下一階 中ホール
 http://www.nippon-seinenkan.or.jp/hotel/access/access.htm
 ↓Mapionで表示(携帯にも対応しています)
 http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/40/22.270&el=139/43/05.361&scl=25000&bid=Mlink

■チケット 前売りのみ 4500円(2回の事前リハーサル付き)
チケットのお求めは、事前に出演者かパラサイヨメンバーにお知らせいただき、第一回目リハーサル(1/14)にて代金と引き換えにお渡しいたします。
1月14日にいらっしゃれない場合は、お振り込み先をご連絡いたします。

■リハーサル 日程
 第1回目 2007/1/14(日) 受付開始18:30 スタート18:45 終了20:15
 第2回目 2007/2/11(日) 受付開始18:30 スタート18:45 終了20:15
▽場所 シャローム教会
JR新宿駅西口より 徒歩7分
http://shalom.ddo.jp/shalom/images/map.gif

直接のお知り合いがいない場合は、下記のメールにご連絡ください。

■お問い合わせ
 parasaiyogospel2007@yahoo.co.jp
■主催:パラサイヨ
 http://www.parasaiyo.jp/

■出演:Seeds Of God's Love Choir
 クワイア名は単独名になってますが、
 このクワイアの一部はお友達クワイアのメンバーが参加しています。

 


 

posted by しんたろう at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

「今日」という日がクリスマス

クリスマスと言えば…何の日でしょう?

12月25日、イエス・キリストの誕生「日」…というふうになっているわけですが、じゃあ、実際に12月25日に生まれたというわけでもないんですね。
これは、後の時代に定めらたものでして、聖書の記述を手がかりに調べてみると、7月だという人もいれば、9月くらいじゃないかとも言われていて、なんだ、もう過ぎちゃったみたいな?
実際のところは、特定できないんですね。

じゃあ、誕生日でもないのに、何をお祝いしようとしているのだろう…、
世のクリスチャンどもは、一体、何を喜んでいるでしょう…。

世界で一番、最初のクリスマス、その第一報が届けられたのは、野にいた羊飼いでした。
今と違って、辺りはシーンと静まり返って物音一つしない、遠くの方では、狼が遠吠えしていて、その寂しさを凌ぐために焚き火でもしていたかもしれません。


 isr103.jpg 写真: ベツレヘム
 
当時の社会で羊飼いといえば、身分も極めて低い、どちらかといえば、放牧する土地を争う、やくざまがいの部分もあったわけですね。神の教えを守らない世のならず者、神から離れ、神からも見放された者、そういう風に見られていました。
誰からも愛されない、誰からも認められない、こんなに寂しいことはありません。彼らは、焚き火でも温まることのない心の寒い夜にいたのです。
しかし、そんな彼らの元に、まず真っ先に、救い主の誕生の知らせは届けられたんですね。

その時のシーンを描いた聖書の箇所を少しだけ紹介しますね。

2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
 2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
 2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
 2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」

 まあ、御使いなんて、いるんかいなーという話になるかもしれませんが、少なくとも、キリストの誕生の物語は、社会的に身分も低い、貧しい、羊飼いたちに、その知らせが届けられたというわけです。
まさに、立派で正しい身分の高い人たちのためだけではなく、「この民全体のためのすばらしい喜びを知らせ」だったのです。

こんな俺たちのところに、救いがやってきた。
こんな俺たちのことでも、神様は愛してくれていた。

これがまさにクリスマスの喜びなのです。
もう彼らは、喜び勇んでダビデの町、ベツレヘムへと向かったのです。


キリストの弟子ヨハネは、イエスのことをこう表現しています。
光は、闇の中で輝いている…。闇はこれに打ち勝たなかった。

皆さんにとっての、「闇」とは何でしょう…。

人生は山あり谷ありです。嫌だと思っても辛い出来事、悲しい出来事も起きてきます。
ある人にとっては闇は、苦しみ、悲しみ、貧しさ…不幸と呼べる出来事かもしれない。
ある人にとっては、過去の出来事、後悔かもしれない。
決して見たくはない出来事、自分でも嫌な自分、普段は隠しているけど暗く汚い自分かもしれない、まさに闇の自分。

でも、その悲しみ、苦しみ、「闇」の中にこそ、イエスはいてくれるのです。
たとえ、病院のベットで一人、孤独のうちに叫ばなくなくてはならない、そんな夜が来たとしても、どうぞ思い出してください、あなたの傍にいて、私が一緒だ、俺はお前を愛しているよ…、そう語りかけてくるお方がいます。その方こそ、イエス・キリストです。
そんな救い主と出会う日、その今日という日が、まさにクリスマス!

こんな私のところに、救いがやってきた。
こんな私でも、イエスは愛してくれていた。

私たちが救い主に出会うのは、
夏の晴れ渡った青空の下というよりは、
やっぱり冬の寒い夜、暗い星空の下での出来事なのかもしれませんね。


恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました…。
この方こそ主キリストです。

 
posted by gracetour at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。